創業以来100年続く安心経営。リノベーションを推進する、湘南・藤沢エリアNO.1の総合建設会社

HOMEよくある質問アクセスMAPサイトマップ
設計・施工・土地活用のご相談をお待ちしております。
お問い合わせ・資料請求
建物を修繕したい

Home > 建物を修繕したい > 建物再生 / リノベーション > 屋上防水改修工事

文字サイズ
標準
大きく

>> 建物を修繕したい一覧ページへ

屋上防水改修工事

屋上防水(アスファルト露出シート防水)

長年の雨風、紫外線による経年劣化から防水層を形成しているシートが裂け、雨漏れ発生。

長年の雨風、紫外線による経年劣化から防水層を形成しているシートが裂け、雨漏れ発生。

屋上防水(アスファルト露出シート防水)

再生

防水改修(塩ビシート機械固定式)

費用を必要最小限に抑えるため、既存防水層は悪質な部分のみ除去および処置を施し、その上から新しい防水層を形成する手法での改修。絶縁シート機械固定塩ビシート敷き込み

改修内容

費用を必要最小限に抑えるため、既存防水層は悪質な部分のみ除去および処置を施し、その上から新しい防水層を形成する手法での改修。

防水改修(塩ビシート機械固定式)


屋上防水の機能再生 〜屋上防水改修工事〜
事後保全処理

事後保全処理 再生前

診断内容

屋上防水(露出アスファルト防水)の紫外線、雨、風等の自然現象による経年劣化現象。防水層が破れ、直下階への漏水が発生しました。

事後保全処理 再生後

再生内容

早急な処置が必要とされ、既存防水は全て取り除かず、部分的に撤去し改修するカバー工法を採用し防水層の再生をしました。

事予防保全処置

事予防保全処置 再生前

診断内容

築10年経過した時点で、劣化診断を実施。屋上防水の診断では、「劣化状態は見受けられますが、性能的には問題のない状態」でした。

事予防保全処置 再生後

再生内容

屋上防水性能を長持ちさせるため防水層保護塗装をご提案し施工。漏水が発生する前に、保全措置をすることで安価な費用で長持ちさせる予防保全措置となりました。

>> 建物を修繕したい一覧ページへ

▲このページの先頭へ