創業以来100年続く安心経営。リノベーションを推進する、湘南・藤沢エリアNO.1の総合建設会社

HOMEよくある質問アクセスMAPサイトマップ
設計・施工・土地活用のご相談をお待ちしております。
お問い合わせ・資料請求
工事日誌

Home > 工事日誌 > 綾瀬浄水場給水塔耐震補強工事

文字サイズ
標準
大きく

>> バックナンバー
>> 工事日誌一覧

綾瀬浄水場給水塔耐震補強工事

2011/08/04

やっとコンクリートが打てました。

本日第1回目のコンクリート打設完了しました。

円形型枠です
1.円形型枠 微妙なカーブに加工されています。
      1枚の枠で1cmほどしなってます。
      加えて、枠の幅は上下で2cm異なった台形です。



セパレータと合体
2.セパと合体 図面上の寸法で加工した型枠が見事丸く収まりました。
       ほっと一安心。



コンクリート打設
3.コンクリート打設 やっと1回目の打設です。
          コンクリート打設時の自由落下高さ1.5mを守るため、
          型枠に吐出口を設けています。



配管です
4.配管 塔内への配管です。
    今回は、FL+3.6mの高さまでコンクリートを押し上げてますが、
    最終回は、24mまで上げなくてはなりません。
(FL=床面)    



レイタンス除去
5.レイタンス除去 コンクリート打継面のレイタンスを除去して次に打ち重ねる
         コンクリートと付着をよくします。
         打設当日に水で吹きブラシでこするとこんな感じ。



次回は、型枠解体後のコンクリート表面が掲載できればと思ってます。
表面は、シート養生するので、脱型後のピンポイントです。

2011/07/25

円錐状の型枠作りは準備が大変です

高さ39.4mの、綾瀬市浄水場ですが、今回の耐震工事は、
配筋を終えた内部の様子をご紹介します。



配筋が終わりました
1.配筋がやっと終わりました。
 想像をはるかに超える手間がかかりました。




配筋の後は型枠です
2.配筋の後工程は型枠工になるのですが、
 この型枠がまた厄介…
 垂直の壁なら下に墨をうって垂直に…ってことになるのですが、
 今回は円錐状にピアノ線を張り巡らし、それを基準にセパレータ
を調整します。(下記イメージ図参照)
 このセパに型枠が収まるわけです。型枠は扇形!!




イメージ図
▲イメージ図:赤いラインが水糸(ピアノ線)です。



ピアノ線はこんな感じです
3.ピアノ線はこんな感じで管理してます。




放射線状に張られたピアノ線
4.見えにくいですが、放射線状にピアノ線が
張り巡らされています。


ピアノ線です
5.これがピアノ線です。見えますか?

次回は、型枠の建込みとコンクリート打設について報告します!

2011/06/30

通常は見ることができない? 内部の写真公開

今回は、給水塔内部の工事報告です。
通常は見ることができない?? 内部写真公開します。
    




1. 給水塔は円錐なので、作業用の足場は、幅がだんだん狭くなります。



                        足場をかける前、下から見上げるとこんな感じです。
 

                        足場をかけたら内部はこんなに狭い・・・。
              




              

2.踊り場にうぐいす嬢参上??

                        安全第一!
                        足場に上がる際に、音声で安全帯着用を促しています。                      
                       
                        監督のダミ声ではなく、女性の声で促され、
                        ここで立ち止まって、「安全帯ヨシ!」と再確認。



3.躯体壁面には、リング状の鉄筋を配置します。

                        内部は、すごーく狭いです。
                        リングR状に加工した鉄筋の取扱いと、
                        D25(1本15KG以上)の主筋の差し込みには、
                        非常に苦労し、手間がかかります。



4.増打壁上部付近



                       写真のの高さまでが、ちょうど給水塔のくびれているところ。
                       (前回報告の外観参照←下三角形の下部分
                       この高さまで、耐震増打壁を施工していきます。

2011/04/20

綾瀬浄水場から・・・・

綾瀬市にそびえるモニュメント的な給水塔です。
高さは、39.4m。存在感大。(むさしには遠くおよびませんが・・・。)

今回の耐震工事は、
給水塔外部を地下5m、給水塔内部を地上23.7mの
増打壁を施工します。




地下部分(下部配管室)の工事報告です。】

1.何もかも円形です。足場も円形に組みあがりました。





2.ウォータージェット(高圧で水をふきつけて)で、既存躯体表面をはつり、
コンクリートの付着率をたかめます。


            ウォータージェット施工中
                          (細かい水しぶきが・・・。あたると痛い!!)



            ウォータージェットで施工済み
                          (右側表面がはつられています)



3.コンクリート打設


            コンクリート養生(全面シートを張り、散水中)



            コンクリート打設完了
             (見えなくなってしまうのがもったいない・・・。)



            埋めもどし中



次回は給水塔内部を報告予定です。



>> バックナンバー
>> 工事日誌一覧

▲このページの先頭へ